「ほっ」と。キャンペーン

東京中央線エリア情報誌『ぐるり』編集人が書いています。雑誌未掲載の情報やオススメのイベント、その他諸々を不定期で載せていきます。


by gururi-zine
随分と久し振りの更新でいきなりですが、告知を。

●ビレッジプレスの新刊
f0098497_18523259.jpg

『「20世紀少年」の謎』 坂田隆 
本体1,200円+税 ISBN978-4-89492-144-3 C0095

読み返すたびに新しい発見、新しい謎が出現する。
「真犯人がわかった!」は謎解きのスタート地点に立っただけだ。
画とセリフに忠実に従おう。未踏の境地に到達できる。
その時初めてわかる、『20世紀少年』の醍醐味。

来週中には書店に配本されると思います。『20世紀少年』を読んだ方、映画を観た方、どちらもまだ体験していない方も、ぜひ!
******************************

●『ぐるり』プレゼンツ 南陀楼綾繁のトーク十番勝負 その7
「『酔っぱらい読本』ができるまで」
出演:徳島高義(元編集者)/南陀楼綾繁(ライター・編集者)

1978〜79年に刊行された『酔っぱらい読本』全7巻(講談社)は、酒に関する小説、エッセイ、詩、落語、マンガを網羅した画期的なアンソロジー。編者・吉行淳之介と一緒に「大躁正」となってこの本をつくりあげた編集者の徳島高義さんに、疾風怒濤の「編集ハイ」の日々をお聞きします。

日時:2008年11月14日(金) 18:30開場/19:00開始
場所:対抗文化専門古書・気流舎 http://www.kiryuusha.com/
(世田谷区代沢5-29-17-1F/03-3410-0024)
入場料:800円(予約優先、15人限定)

予約はこちらで受付中です。
ビレッジプレス「ぐるり」編集部 info@village-press.net TEL:03-3928-7699

徳島さんは1934年生まれ。58年に講談社に入社、『群像』編集部に配属。以後、同誌編集長、翻訳出版部長、文芸第一出版部長などをつとめ、97年に退社。「疾風怒濤」時代につくった本に、キングズレー・エイミス著、吉行淳之介・林節雄訳『酒について』、ポール・セルー著、阿川弘之訳『鉄道大バザール』、埴谷雄高『ドストエフスキイ全論集』などがある。

これまで本や雑誌の編集者の方には何度も出ていただいていますが、編集に興味がある、編集者になりたい、わたしは編集者です、以外の方にとっても興味深い話がたくさんありました。金曜の夜ですが、ぜひ、お越しください。
******************************

ところで、三度目になりますが、そろそろ引っ越しをしようと思っています。
タイトルも「ぐるりなこと。」にでもすっかな。 しねえな。
で、今度こそは定期的に更新をして、みよう、かな、と、思っています。
こちらへ!
[PR]
# by gururi-zine | 2008-11-04 19:31 | お知らせ

ぐるり 08/6月号

f0098497_10492831.jpg


〈特集〉小室等
いま、うたうことがとても楽しいんです。
年を取ったら年を取った時の歌がある。その歌をうたうのが楽しみだ。
小室等インタビュー…聞き手 田川律

ふたたびの音19…生まれながらにしてスタンダードなうた—田中亜矢…南陀楼綾繁
We'll Meet Again…渋谷毅
おーいゆめみたか?…伊勢真一
ぼくのなかの人たち2…狩野俊
「音楽を聞くと白昼夢を視る私」…ミス シルコ

〈情報ページ〉
6月1日〜7月31日
・東中野・中野・高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪・吉祥寺・三
鷹〜八王子・下北沢、世田谷・+プラスぐるり

〈表紙イラスト=高円寺「西部古書会館」・題字〉…沢田としき

ぐるり 2008/6月号 (隔月刊)   ISBN978-4-89492-140-5 ¥300
[PR]
# by gururi-zine | 2008-06-04 10:53 | 『ぐるり』最新号
すっかり遅くなってしまいましたが、告知です。
本誌巻頭インタビューをこの4月号から田川律さんと交代で受け持っていただいている南陀楼綾繁さんとトークイベントを企画しました。月に一度、奇数月は下北沢の気流舎で、偶数月はどこか他の会場で、開催します。

『ぐるり』プレゼンツ「南陀楼綾繁のトーク十番勝負 その1」

「フリー編集者であり続けるには」
出演:岸川真(フリー編集者・シナリオライター)・南陀楼綾繁(ライター・編集者)

『「映画評論」の時代』(カタログハウス)をはじめとする刺激的な単行本を編集し、独立零細自営の編集者の実態を描いた『フリーという生き方』(岩波ジュニア新書)の著者でもある岸川さんに、フリー編集者を続けていくために必要なことをお聞きします。

日時:2008年5月30日(金) 18:30開場/19:00開始
場所:対抗文化専門古書・気流舎 http://www.kiryuusha.com/
(世田谷区代沢5-29-17-1F/03-3410-0024)
入場料:800円(予約優先、15人限定)

予約はこちらで、残りわずかになりましたが(4名ほどです)まだまだ受付中です。
●ビレッジプレス「ぐるり」編集部 info@village-press.net TEL:03-3928-7699

岸川真さんとは・・・

岸川真(きしかわ・しん)
1972年生まれ。日本映画学校卒業後、映画製作者をめざしつつ、フリーの編集者、インタビュアーとしてさまざまな本を手がける。最近編集したのは、佐藤忠男『映画でわかる世界と日本』(キネマ旬報社)。

-----------------------------------------------------------

その2も詳細決定しています。

『ぐるり』プレゼンツ「南陀楼綾繁のトーク十番勝負 その2」

「東京アンダーグラウンド食味談義〜『続東京裏路地〈懐〉食紀行』刊行記念〜」
出演:藤木TDC(文筆業)・南陀楼綾繁(ライター・編集者)
ゲスト:塩山芳明(エロ漫画下請け編集者)、クドウヒロミ(『モツ煮狂い』発行人)

B級グルメなんてぶっつぶせ! すいとん、ホルモンスープ、鯨カツ、腸詰などの怪しい闇市料理を食らうことで東京の裏面史を描いた名著『東京裏路地〈懐〉食紀行』(ミリオン出版)の続編刊行を記念して、著者の一人、藤木TDCさんとともに、シャレや酔狂では食えない味について語ります。休憩時間には、モツ煮込みを販売します。

日時:2008年6月18日(水) 18:30開場/19:00開始
場所:古書ほうろう http://www.yanesen.net/horo/
(文京区千駄木3-25-5/03-3824-3388)
入場料:1,000円(ホッピー付、要予約)

予約は以下の二通りになります。 
●ビレッジプレス「ぐるり」編集部 info@village-press.net TEL:03-3928-7699

●古書ほうろう *店頭受付のみ

藤木TDCさんとは・・・

藤木TDC(ふじき・てぃーでぃーしー)
1962年生まれ。文筆業自営。映画、東京、エロなどをテーマとする文章をさまざまな雑誌に執筆している。著書に『アダルトメディア・ランダムノート』(ミリオン出版)、『醜聞聖書』(洋泉社)など。

みなさま、お待ちしてます。
[PR]
# by gururi-zine | 2008-05-27 19:41 | お知らせ

ぐるり 08/4月号

f0098497_1048273.jpg


〈特集〉小川美潮
歌い始めて30年目、待望のニューアルバム『宇宙人』が完成!
様々なユニットで多彩な活動を繰り広げるボーカリスト
小川美潮インタビュー…聞き手 南陀楼綾繁
◎映画『タカダワタル的ゼロ』CD『高田渡、旅の記録 上巻』
うたが一曲残ればいい…内山有理子
また聞ける、また見られる…田川 律
「high lonesome portrait 高田渡・高田漣」…保光敏将
《話の寄り道回り道》
我が相方、渡辺勝…松倉如子
ぼくのなかの人たち(1)…狩野 俊
「気は弱いけど根性」で1st.アルバム完成…あべのぼる・アズミ
〈情報ページ〉
4月1日〜5月31日
・東中野・中野・高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪・吉祥寺・三鷹〜八王子・下北沢、世田谷・+ぐるり
〈表紙イラスト=吉祥寺「バサラブックス」・題字〉…沢田としき

ぐるり 2008/4月号 (隔月刊)   ISBN978-4-89492-136-8 ¥300
[PR]
# by gururi-zine | 2008-04-08 10:55 | 『ぐるり』バックナンバー
 ちょっと考えられないトラブルに見舞われ、一時はどうなるかと思いましたが、『ぐるり 08/4月号』はなんとか校了しました。今月末には完成します。もう月末だな。
 次号巻頭インタビューは小川美潮さんです。うたを始めて30年目の今年、15年振りの新作CD『宇宙人』を発表し、気力充実、ノッている美潮さんの楽しい話をたくさん伺うことができました。そのお相手をしたのが次号からインタビュアーを田川律さんと交代で受け持っていただくことになった南陀楼綾繁さんです。どうぞお楽しみに。


***************************
f0098497_15512098.jpg


話は変わって、ザ・チャンプルー海風さんと『ぐるり』の共同企画ライブ第五弾が決定!
 AZUMIさんと東京ローカル・ホンクの豪華二本立てで、5月25日開催。
 どちらかしか知らないなあって人にこそ観にきてほしい、そう思っております。

「AZUMI X 東京ローカル・ホンク」
5月25日(日) 17時開場/18時開演 前売¥2,500/当日¥3,000
出演:AZUMI、東京ローカル・ホンク
会場:ザ・チャンプルー海風(小金井市梶野町5-1-5/042-387-1718)

**チケットのご予約はこちらです**
e-Mail:info@village-press.net(AZUMI・ホンク係)
 *お名前、住所(連絡先)、電話番号をお知らせください。

 満員の店内。人でぎゅうぎゅう、熱気が充満、そんな中で汗をかきかき、うまい酒を飲んでうまい飯を喰って彼らの音楽を腹の底から楽しみたいですね。

***************************
 最後に、どうしても腹が立って腹が立って。
 今年のゴールデン・ウィークも大阪・春一番の前に不忍ブックストリートの一箱古本市に参加させていただくことにしたのだが、今日、参加費を払い込もうと近所のゆうちょへ。口座は持っているんだけど、手元にないからまあいいか、と窓口へ行った。
「窓口からの払い込みですと525円の手数料がかかりますが・・・」
 はああ?一瞬、ホントに聞き間違えたのか、それともバカにされているのかと思った。
 なんで2,000円払い込むのにその1/4の額も手数料がかかるんだよ!
「バッカじゃないの!」って言いましたよ、実際に。何も変わらなかったけど。で、機械から自分の口座を使って振り込めば今ならキャンペーンで手数料なしでできます、とかなんとか、くどくど説明していたが、だったらお前らほとんど馘首にしてもらって、ズラーッと機械を並べておけよ。
 「ホントにバッカじゃないの」って呟いていたら、子供連れのお母さんに不審がられた。怒りで汗は出てくるし。やっぱりあそこは極力使うまい、改めて心にそう誓いました。
 払い込み期限は明日なんだけど、絶対にこいつらの私腹を肥やしてなるものかと、今日の払い込みは中止。実行委員会のみなさま、遅れて申し訳ありません。明日、自分の口座から払い込みます。
[PR]
# by gururi-zine | 2008-03-24 20:55 | お知らせ